stamp on web

切手の大きさの種類について

切手は郵便物に貼りつけることによって送料の代わりにすることができるアイテムですが、これは料金によって種類が多種多様となっています。中には形が異なるものもありますが、実は大きさも切手によって異なっているということを知らない人も少なくないようです。 切手の大きさの標準となるのは普通切手であり、これは料金によっていくつかの種類はありますが、料金が異なっていても大きさはほとんど同じとなっています。これは料金が違っていてもあくまで普通切手と言う分類の中に属しているからであり、異なっているのは分類が異なっている場合のみとなります。 大きさが異なるのはふるさと・記念・フレームであり、最も大きいと言われているのはフレームと呼ばれる種類です。これは最近新しく販売されているものであり、好きな写真を切手にすることができるサービスです。そのため写真の内容がよく見えるように大きく製作されているのが特徴であり、最も大きな種類となっています。